競売の流れがよく分かるサイトの概要

住宅ローンを滞納してしまい何も行動を起こさないと、自宅は競売に出されてしまいます。

落札後6カ月以内に自宅を明け渡す必要があり、6ヶ月をすぎると強制退去させられてしまいます。

住み慣れた我が家を出ていかないといけない、精神的にとても辛いと思います。

でも子供の学校区を変えたくないから引っ越しをしたくない・事業所として登録しているから移転は避けたいという人もいると思います。

そこで任意売却がより進化したリースバックという方法をお勧めします。

リースバックとは投資会社や一般の投資家などに住宅を買い取ってもらい、買い手に対して家賃を支払い自宅を借りるという方法です。

これなら住み慣れた自宅を手放す必要がないので、さまざまな理由で引っ越しをしたくないと考えている人にも安心です。

固定資産税や火災保険など住宅にかかる費用の負担がなくなるだけでなく、将来的に自宅を買い取ることも可能なのでとてもいい方法だと思います。

住宅ローンを滞納してしまうと競売に出され自宅を手放さないといけなくなります。

リースバックという制度があることを知っていれば、大切なマイホームから引っ越しをしなくて済みますね。

一昔前だとローンを滞納してしまう人は、ギャンブル依存症で借金を重ねてしまう・過度な浪費癖で支払いが滞ってしまうというイメージがありました。

でも今は不景気の為収入が減ったり、リストラにされてしまい仕事がなかなか探せなくて住宅ローンを支払う事ができないという人が増えてきました。

他にも病気になってしまい働けない、離婚により収入が減った・事業の業績が悪くなり収入が減ったなどさまざまな理由で住宅ローンを支払うのが困難になることがあります。

住宅ローンを滞納してしまうと金融機関から督促状などが届き、何も行動を起こさないといずれ自宅は競売に出され退去しないといけなくなります。

競売で自宅を強制売却されても、任意売却をしたとしてもローンが残っていればそれを支払っていかないといけません。

そこで少しでも高く売ってローン残高を減らすためには、任意売却することが大切になります。

その中でもそのまま自宅に住み続けることができるリースバックという方法があることを知っていれば、大切なマイホームを手放さないで済みます。

住宅ローンの支払いが困難だと思ったら、迷わずに専門機関に相談することが大切ですね。