競売の流れがよく分かるサイトの概要

住宅ローンの支払いが困難になると、自分では何もしなくても自宅は競売に出されいずれ退去しなくてはいけません。

競売価格も市場価格より安いので、債務が残りその支払いに長年苦しめられている人も多いそうです。

そこで少しでも有利に売却するために、任意売却という方法があります。

任意売却は強制的に売却される競売とは違い、自分の意思を反映させて売却することができる方法です。

債権者の合意が必要になりますが、知り合いに買ってもらいたい・売却後も自宅に住み続けたいなど柔軟な対応が可能です。

売却後の債務返済方法や引っ越しの時期なども相談乗ってくれるので、新しい生活の準備を計画的に進めることもできます。

お金を借りたら必ず返さないといけません。

でも住宅ローンを返済するために身内や消費者金融からお金を借りても、いずれ支払いが困難になってしまい競売になってしまうこともあります。

そうなる前に任意売却という方法があることを知っておくといざというときに慌てないでいいですね。

競売に比べ有利に進めることができる任意売却。

任意売却をするメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

やはり1番のメリットは市場価格により近い価格で売却できることです。

高く売れるという事は、それだけ住宅ローンが減り任意売却後に残る債務も少なくなるという事です。

競売に比べ債権者へ返済する額も大きく期間も早いため、残りの返済について融通をきかせてくれることが多いのも助かりますよね。

また販売方法は通常の不動産売買と同じ方法なので、住宅ローンを滞納していることを知り合いや近所の人に気付かれる心配もありません。

任意売却をするために必要な費用や仲介手数料などの持ち出し費用がないだけでなく、引っ越し費用などを債権者からサポートしてもらえる場合もあります。

住宅の明け渡し日も柔軟に対応してもらえるのでメリットはたくさんありますね。

デメリットとしては自分から行動しないと任意売却することはできない点です。

連帯保証人にも同意を得る必要もあります。

またローンを3ヶ月滞納した時点でいわゆるブラックリストにも名前が載ってしまいます。

デメリットよりメリットの方が大きいので、ローンを滞納してしまったら早い時点で任意売却を考えることをお勧めします。