競売の流れがよく分かるサイトの概要

不動産競売という言葉を聞いたことがありますか?

住宅ローンの支払いが困難になり競売に出された不動産を手に入れるということなのですが、聞いたことはあっても利用したことのない人が多いと思います。

入札をするために資格は必要なく、基本的には誰でも利用することはできます。

では通常の不動産売買とはいったい何が違うのでしょうか?

不動産競売の最大のメリットといえば、市場価格よりも安く手に入れることができるところです。

一般的に市場価格よりも3割程度安く購入することができるので、通常なら手に入らないような地域にある物件を購入することができます。

また物件数も豊富なので、一般の不動産売買ではなかなか取引されないような物件もたくさんあります。

裁判所との取引になるので、所有権の移転登記など複雑な権利関係の手続きでも確実に行うことができます。

不動産売買に関する知識があまりない方でも、安心して取引することができますね。

不動産競売物件を購入するメリットを知っていると、入札に少し興味が沸いてきますね。

不動産競売は通常より安く買えるというメリットがありますが、やはりデメリットもあります。

不動産競売物件は資料を見ることができる日から2週間後には入札が始まってしまいます。

物件数もたくさんあるので、一般の人にはなかなか難しいです。

また物件の外観などは見ることができますが、引き渡し日まで内部を見ることができません。

裁判所の閲覧室に置いてある資料でしか物件の確認ができないので、内部がどのようになっているのかわかりません。

内部を見ることができないのでもしかしたら不具合がある可能性もあるのですが、通常の不動産取引と違い売主に課されている義務は果たされないので瑕疵や不具合があったとしても自分で直さなくてはいけません。

さらに入札しても、自分より高い金額をつける人がいれば当然購入することはできず、入札できたとしても金融機関で住宅ローンを組むことができないので現金で一括払いになります。

投資会社や投資家なら別ですが、一般の人からすると不動産競売物件を購入することは少し難しいかもしれません。

でもメリットとデメリットをきちんと把握していれば、対策も取りやすいですね。