競売の流れがよく分かるサイトの概要

人生で1番大きな買い物がマイホームです。

マイホームを手に入れるために住宅ローンを組む人は多いと思いますが、何らかの理由で住宅ローンを滞納してしまう可能性もあります。

万が一住宅ローンを滞納してしまったらどうなるのか、その流れを調べてみました。

何らかの理由で住宅ローンを滞納してしまった場合、金融機関から督促状や催告書が届きます。

住宅ローン滞納から3ヶ月~6ヶ月を経過すると分割で支払う権利がなくなってしまい、ローン保証会社が金融機関に返済を肩代わりします。

その後ローン保証会社から一括で返済するように請求をされ、支払いができないと裁判所に競売の申し立てをされます。

裁判所から競売開始決定の通知が届いた後に、物件の調査をするため裁判所から執行官が来ます。

その後入札と落札を経てマイホームから立ち退きをしなくてはいけません。

住宅ローンをわざと滞納するような人はいません。

でもせっかく手に入れたマイホームを手放さない為にも、住宅ローン滞納から競売までの流れを知っておくと安心ですね。

夢にまで見たマイホーム。

誰だって自分の家を手に入れたら嬉しいですよね。

部屋に合う家具を選んだり庭にたくさんの花を植えたりと、絵に描いたような幸せな時間を家と共に過ごしていくと思います。

マイホームを現金で支払う人はめったにいません。

ほとんどの人がローンを組んで月々○○万円、ボーナスで○○万円というように何十年もかけて支払いをしていきます。

でももしも会社が倒産してしまったり、リストラされてしまったりしてローンの返済ができなくなってしまったらどうなるのでしょうか。

ローンを組む際はその土地や建物を担保にして金融機関からお金を借ります。

お金を貸して万が一返済がない場合でも、その残債をきちんと回収できるように裁判所が不動産を強制的に売却することを競売と言います。

住宅ローンを滞納してしまい競売されるまでの流れにはいくつかの工程があります。

住宅ローンを支払えなかったらすぐに競売される訳ではありませんが、何が起こるか分からないのが人生です。

競売の流れについてこちらのサイトで学んでおくと、いざというときに慌てないで済むかもしれないですね。

競売の流れを知っていますか?